ゲートフラッグの作成

西武ドームの外野席に増えているゲートフラッグ。
作り方にはいくつかありますが、例を挙げておきます。

材料

生地

完成品よりもちょっとだけ大きめの布。
軽くて塗装しやすい布がベターです。
ナイロンか木綿が一般的。

裁縫道具

生地と同じ(または近い)色の糸と、それを縫う道具。
旗ほど力はかからないので、太い糸である必要はありません。
ミシンがあると、作業が30倍くらい捗ります。
「ミシンはあるけど用意が面倒」程度であれば、ミシンを用意することをおすすめ。

旗棒

木製か樹脂製の棒を2本用意します。
100円ショップで売っている、伸縮棒を使う方が増えてきたようです。

作り方

1. 布の使い方を決める

布を裁断剃る前に、布をどう使うか考えておきます。

基本的に、四隅を2回折り返して縫います。
こうすることで、布がすみからほつれなくなります。
(1試合限定のゲートフラッグであれば、この作業は不要かもしれません。)

布の上下は、小さく2回折り込んで縫うだけです。

uesita.jpg


布の左右は、旗棒を入れる袋を作る必要がありますので、上下よりは大きく折り込みます。

sayuu.jpg


布のサイズや棒の太さにも依りますが、上下は3センチ、左右は7センチもあれば十分です。

つまり1メートル四方のゲートフラッグを作るのであれば、

左右は 1m + 7cm(右) + 7cm(左) = 1m 14cm
上下は 1m + 3cm(上) + 3cm(下) = 1m 6cm

の布が必要です。

2. 布を裁断する

計算したサイズにあわせて布を裁断します。切るだけ。
裁ちばさみがあると便利。

3. 布の縫製

裁断した布を縫っていきます。
四方の折り込み部分を縫うのですが、先にアイロンをかけて形を固めておくと縫いやすいです。

ミシンがあると非常に作業がはかどります。

misin.jpg


折り込みの小さい、上下から先に縫うと良いでしょう。
上下は小さく折り込んで縫うだけです。

ueshitaS.jpg


左右は大きく折り込んで、旗棒をいれる袋をつくります。

sayuu2.jpg
sayuu2S.jpg

そのままだと上から棒が抜けてしまうので、一方を縫いこんで閉じます。

sayuu3S.jpg
sayuu4S.jpg

余った糸は、始末して糸切り鋏で切っておきましょう。

4. 描く

想いのままに、文字や絵を描き込もう! 水性ペンキやTシャツ用塗料を使うのが一般的です。
Tシャツ用塗料だと、洗濯もできます。

より高レベルなゲーフラ作成を目指す方は

mixiにある「ライオンズ自作応援グッズ」ページが非常に参考になります。
特に画像処理については細かく解説されています。

ライオンズ自作応援グッズ
http://p.mixi.jp/lionszisakuouengoods

(他の参考)

ご意見・ご要望・ご批判

ご意見・ご要望色々と何でも書き込んでください。
特に別の作り方もあるはずなので、どしどしコメントをお願いします。




添付ファイル: fileuesita.jpg 826件 [詳細] fileueshitaS.jpg 849件 [詳細] filesayuu4S.jpg 720件 [詳細] filesayuu3S.jpg 871件 [詳細] filesayuu2S.jpg 798件 [詳細] filesayuu2.jpg 840件 [詳細] filesayuu.jpg 845件 [詳細] filemisin.jpg 864件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-24 (日) 12:42:31 (2486d)